読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maasan’s blog

カープとジョギングと鉄道、カメラ散歩車と日々雑感を少々、思ったことと経験したことを書いてます

廣瀬純×仙田満トークセッションinTAU その5

その4からの続きです

※()内は、私の補足や感想です

マツダスタジアムになってから、選手のやる気というかモチベーションは上がりましたか?

廣「それはもう、相当上がりましたね。マツダスタジアム初年度の2009年はオールスターゲームもここで行われまして、ホーム側(一塁側)のロッカールームはプロ(=カープ)用とアマチュア用に分かれていまして、普段対戦相手は当然ビジター側(三塁側)のロッカールームを使うのですが、オールスターゲームの時はセ・リーグの他球団の選手がホーム側のカープ専用のロッカールームを使うことになるので、入ってまずこれはすごいなと。」
(冷蔵庫が4つあってそこに飲み放題で飲み物が入っているとか、だいたいこの辺にどんな選手のロッカーがあるか、といった話題が続きましたが、メモが追いつかずでした)

ーさて、この辺りでスタジアムから今年のペナントレースの話に移ろうと思います。評論家・廣瀬純さんから見て、カープは今年どんな戦いになると予想しますか?

廣「打線はタナ(田中広輔内野手)、キク(菊池涼介内野手)、マル(丸佳浩外野手)始め充実していて、俺がいなくても全然大丈夫で、ポジション空いているのがレフトとサードくらい。(ラミロ)ペーニャや(ブラッド)エルドレッド、安倍(友裕)で争うような感じになっているので、ポイントはやはり投手かなと。」

丸佳浩外野手
f:id:Maasan:20170403231619j:image

ー投手の中で、特に注目というと誰に?

廣「九里(亜蓮)ですね。(ここで会場”おおー”と)今年は順調に来ていて、開幕ローテーション入りが決まったと…あ、これ内緒にしておいて欲しいんですが、開幕カードの阪神戦の第3戦で行くとのことです。(まだ開幕前、オープン戦最中の3月24日にこのイベントがありました)」
廣「東京に来る新幹線の中で九里からメールで連絡があって、”もうOBなのに俺に教えちゃっていいのかなー”なんて思いながら、”おめでとう”って返事しました。」

RCC中国放送)の解説者としてデビューする廣瀬さんですが、ラジオといえば今年はマツダスタジアムのトイレの中でも試合の実況中継が流れるという…

廣「そうなんです。トイレに行っている時でも試合の状況が分かるようにと、今年から始めるようです。」

ー球団の若手社員が、アメリカの野球場に行った時、スタジアムDJの実況がずっと流れているのを見て(聴いて)”是非これを取り入れたい”と発案したみたいです。ただ、スタジアムDJを雇うのはやはりちょっとお金が…ということで、だったら地元局のRCCラジオを流そう、ということになりました。

仙「いいですよね。こういう地元一体でなんとかしようという意気込みが。」

(まだまだ続きます!)