読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maasan’s blog

カープとジョギングと鉄道と車、あとは日々雑感のブログ

カープ観戦記 その3 2016年8月5日

カープ

カープ観戦記の第3回は、昨年2016年8月5日

2012年以来5年連続5回目の

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島での観戦。

今年は対読売ジャイアンツ

 *両親が広島県に住んでいるので、夏休みの帰省の時期には必ず観戦に行きます。

f:id:Maasan:20170305195647j:image

 

チケットを買ったのはその年の3月1日

一斉発売の日の昼休みに、会社近くのセブンイレブンでゲットしました。

 

夏休み時期の時期は、カープの試合のスケジュールをにらみつつ日程を決めるのですが、

まだ開幕前の段階で、帰省の時期にカープのチーム状態がどうなっているのかとか、相手チームとの相対的な力関係の差がどうなっているのかとか、それは全然わからないままでチケットを買うので、一種の賭けです。

その年の強いチームとの対戦になるのか、カープはすでに諦めモードに入っているのか、それとも必死に順位争いをしているのか、

3月の段階では知る由もないため、全ては賭けです。

 

さて、3月に買った8月5日のチケット、一体どんな状態でその日を迎えたかというと…

 

2016年のカープは3月25日の対横浜DeNAベイスターズ戦こそ敗戦で黒星スタートだったが、翌日、翌々日と勝利し3連戦勝ち越しスタート

 

以降も接戦を確実に制し、また、2連敗はあっても3連敗はないという安定したチーム状態。

交流戦でもセ・リーグ唯一の勝ち越し、交流戦明けにかけて球団記録にあと一つまで迫る、32年ぶりの11連勝をマーク。

 

2位読売ジャイアンツに10ゲーム差をつけ、ぶっちぎりの首位で7月13日に前半戦終了。

 

7月18日に始まった後半戦でも勢いは衰えず、2位とのゲーム差は最大11まで広げ、独走体制であったが…

 

8月2日の神宮球場での対東京ヤクルトスワローズ戦で、ウラディミール•バレンティン外野手が空振りしたバットがカープ石原慶幸捕手の後頭部を直撃し、試合出場不可能となりチームの司令塔を失う事態に。

それでもこの日は16-4で勝利したものの、翌3日・翌々日4日と連敗し2連敗。

一方2位読売ジャイアンツは調子を上げ、ゲーム差も6.5ゲーム差まで迫られた状態となった。

しかも翌5日は早朝に品川の宿舎を出発して広島に新幹線で移動し、夕方からの試合を行わなければならないという、厳しい状態で迎えた8月5日の対読売ジャイアンツ戦であった。

 

スタジアム入り口に向かうスロープ

今回は指定席なので、行列・席取り不要でゆっくりと行ける。

 

f:id:Maasan:20170305210304j:image

 

入場してすぐ。

頭上に「ゲートブリッジ」を望む

球場内を、内外野隔てなくぐるっと一周しているコンコース。

f:id:Maasan:20170305211759j:image

 

内野指定席に着席。対戦相手の読売ジャイアンツの選手たちの練習中であった。

野球を観戦するために最適化されたスタンド。傾斜角度は約9度と、日本の一般的な野球場に比べ5度から10度程度緩やかであり、また基本的に全ての座席がピッチャーズマウンドとバッターボックスの間を向くように配置されている。

f:id:Maasan:20170305211822j:image

 

試合開始まではまだ間があるので、コンコースをぐるっと一周。

ここは「コージーテラス」

f:id:Maasan:20170305211837j:image

 

黒田博樹投手と新井貴浩内野手、2016年カープの象徴たる二選手のユニフォームを着込んだ親子連れ。

f:id:Maasan:20170305211852j:image

 試合前にノンビリと球場内を散策し、飲み物や食べ物を調達する。

 

カープの先発は野村祐輔投手。

f:id:Maasan:20170305211918j:image

 

 読売ジャイアンツの先発は菅野智之投手。

両チーム、エース級の投げ合い。

f:id:Maasan:20170305211930j:image

 

 エクトル・ルナ内野手。今日は3安打2打点の活躍。先制し、同点に追いつかれた3回裏の勝ち越し打、再度同点に追いつかれた7回裏に再度の勝ち越し打と、価値ある2打点であった。

f:id:Maasan:20170305211943j:image

 

野投手、途中一時治療のためベンチに下がる場面あり。真夏の瀬戸内・広島の暑さはハンパない。

治療のため一旦引き上げたベンチからマウンドに戻り投球練習。

f:id:Maasan:20170305211956j:image

 

 丸佳浩外野手。本日は5打数2安打。

f:id:Maasan:20170305212007j:image

 

野球観戦に最適化されている、というのは座席の配置やスタンドの勾配角度に表現されているがそれだけではない。

f:id:Maasan:20170305212018j:image

 

プロ野球は試合開始から終了まで大抵は3時間以上、4時間にも迫ることも多い。

そんなにじっと見ているのはしんどい…と感じる人もいるかもしれない。

ただ、野球観戦というのはその試合中、ずっと座席に座ってグラウンドを凝視し続ける、というものではない。と私は思う。

f:id:Maasan:20170305212032j:image

 

攻撃の時間と守備の時間がきっちり分かれている野球という競技においては、例えば応援チームの守備時には座席を立ち、飲み物や食べ物を調達に行ったり、喫煙所に一服しに行ったり、トイレに行ったり、思い思いに過ごす時間というものがある。

このスタジアムにはそれに加えて球場内をブラブラする楽しみというものがある。

前述のように傾斜の緩いスタンドや、前後幅広い座席配置はコンコースへのアクセスを容易にし、ブラブラのニーズに応えてくれている。 

 

球場を一周するコンコースは道幅最大12メートル、コンコースのどこからでもグラウンドを眺めることができる。 

f:id:Maasan:20170305212042j:image

 

内野2階席。

2階席はグラウンドから最も遠く、スタジアム内で最も安価な席であるが、それでも驚くほどグラウンドを近く感じる。

そして夕暮れの空には最も近い。

f:id:Maasan:20170305212057j:image

 

 コンコースの一部エリアには、本球場の命名権取得者であるマツダ株式会社の歴史を壁面に掲載したコーナーあり。

f:id:Maasan:20170305212126j:image

 

様々な飲食販売店を横目に、コンコースをブラブラ歩く。

f:id:Maasan:20170305212137j:image

 

GEORGIAの看板が見えてくる。コンコースに面した階はカープのオフィシャルグッズショップ、その上階はスポーツジム。

f:id:Maasan:20170305212146j:image

 

スポーツジムでは、エアロバイクを漕ぎながら試合を観戦することができる。

f:id:Maasan:20170305212154j:image

 

 ポール際。

f:id:Maasan:20170305212219j:image

 

バックスクリーン裏。すっかり日も暮れた。

f:id:Maasan:20170305212230j:image

 

バックスクリーン裏にはバーゴラ(アーケード状の骨組み)が設置され、暑さ避けのために竹すだれが配置されている。時期によってはゴーヤ朝顔が這わされている時もあるらしい。

f:id:Maasan:20170305212240j:image

 

 7回裏、2-2の同点で迎え、ここで応援歌の合唱と共に赤色の風船(通称、ジェット風船)を飛ばす。

f:id:Maasan:20170305212254j:image

 

赤色の風船が舞う。

その7回裏にエクトル・ルナ内野手タイムリーヒットで勝ち越し。

大いに盛りあったのだが…

f:id:Maasan:20170305212305j:image

 

その後8回表に同点に追いつかれると、9回表に坂本勇人内野手タイムリーヒットで勝ち越しを許し、さらに阿部慎之助内野手に犠牲フライを打たれ3-5とされた。

 

九回の裏、ジャイアンツの澤村拓一投手から1点を返して1点差に詰め寄り、なおも2アウト2塁と同点・逆転への望みをつなぐも反撃もここまで。

 

2016年初の3連敗を喫し、2位読売ジャイアンツには5.5ゲーム差まで接近され、残念な気持ちで球場を後にした。

 

広島駅に向かう帰り道。

f:id:Maasan:20170305212313j:image

 

カープはその後、翌8月6日も読売ジャイアンツに敗れ4連敗。

4.5ゲーム差まで迫られいよいよ窮地に。

さらにその次の日の8月7日の、同じくジャイアンツ戦では1点差負けの状態で9回裏2アウトランナー無しまで追い込まれる。

しかしここから菊池涼介内野手の起死回生の同点本塁打丸佳浩外野手のフォアボールでの出塁から、新井貴浩内野手のサヨナラタイムリーヒットが飛び出し、見事に逆転勝利。

この勝利がターニングポイントとなりカープの反転攻勢開始。

 

振り返ってみれば2016年カープの連敗は最大で4。この時と日本シリーズ北海道日本ハムファイターズに喫した時との2回のみ

ペナントレースを2位読売ジャイアンツに17.5ゲーム差離しぶっちぎりで優勝した2016年カープの、最もチーム状態の悪いタイミングでの観戦であった。

 

お金を払って観戦する以上、勝つことは最も大事だとやはり思う。

残念ながらそれは達成できなかったが、その次くらいに美しい球場を楽しむことができた観戦であった。